閉経期に起こりうる体調の変化

腹痛

女性の体というのは女性ホルモンによって左右されがちです。特に、女性ホルモンは30代から徐々に減少していき、閉経期にはぐっと少なくなってしまいます。そこで生じるのが更年期という症状です。症状には個人差があり、精神からくるものや血管運動神経系、それに消化器系など様々です。例えば、精神系の症状の場合には、理由もなくイライラしてしまったり、慢性的な頭痛に悩まされることがあります。血管運動型の症状には、動悸が止まらなくなったり、体が火照って熱を帯びたりと体調の変化が著しいです。さらに、消化器系の症状になると吐き気をもよおしたり、便秘や下痢などに悩まされることもしばしばです。このように、女性ホルモンの減少によりありとあらゆる体調の変化が生じます。

周囲の協力と理解が大切

看護師

更年期の症状は個人差が激しく、また、症状が多種多様なのでいきなり体調が変化してしまうことに動揺を隠せない人も少なくありません。特に多いのがイライラの症状が抑えられず、家族にあたってしまったりと悪循環に陥ってしまうことが起こりがちです。更年期障害というのは45歳から55歳の閉経期と重なる女性に多く見られる症状であり、治療には家族の理解と協力が欠かせません。更年期の症状はホルモンに左右されるので、体調が良くなったり、急に体調が悪くなったりと安定しないのが特徴です。そのため、体調がすぐれないときには体を休めたり、家事を分担してもらったりするなど家族が協力して対処することがとても重要なことであるのです。

つらい時期を乗り越えるために

腹痛

更年期のつらい時期を乗り越えるためには、様々な方法が提唱されています。まず、最も重要なことはバランスの良い食生活を心がけることにあります。更年期は中年から高年に差し掛かる時期に発症しやすいことから、年齢や体調のことを考えて食生活を見直すのにも適した時期であると考えられます。脂っこい食事を避けて、主食や副菜のバランスの取れた食事を摂ることを心がけることが大切です。次に、有酸素運動を日常的に行なうことが大切です。運動が苦手という方には、ヨガや水中歩行と言った体に負担をかけにくく、また、運動が苦手な方でも気軽に始められる有酸素運動を日常的に行なうことで、更年期の症状を改善したり、軽減したりすることに効果があります。さらに、女性ホルモンのバランスを整えるサプリメントの力を借りることが大切です。サプリメントは効率的に女性ホルモンを補う効果を期待することができます。

広告募集中